かりん島のハンモック 絵と旅が好きなアラフォー。ファッションも暮らしもミニマルが理想。日々感じたことを綴っています。

夏を振り返る。

めまぐるしく日々が過ぎて行き、気が付くと夏が終わろうとしている。
夏が終わると思うだけで、なんとも言えない切なさを感じ、
そうこうしているうちに金木犀が咲き始め、その香りに救われるのです。毎年このくり返し。

この夏は(正確には夏至あたりからかな)ちょっぴり行動的でした。
やりたいと思ったことは積極的に体験したり、思い切ってコンタクトを取ったり。
また誘いを受けたら、嫌でない限り出来るだけ出向いてみたりと。
舞台や映画もいくつか観たけど、映画はやっぱり劇場で観るのがいい。

そして絵仲間たちのグループ展にも足を運び、
絵(とくにスケッチ)を見て心が洗われました。
ほんとうは見るより描くべきなんだけれど、いまひとつスイッチが入らなくて。
近々スケッチ旅行に参加予定なので、願わくばそこで描きモードに入りたい。

今年のテーマは「感性を拡げる」のような気がします。
この夏、不思議なことに、昔から抱えていたいくつかの恐怖心が消えていって、
「それは中年になったってことだよ!」なんて言われたけれど、
それとはまた違ったなにか変化があったような。そのなにかはまだよく分からない。

前置きが長くなってしまいました。
夏の回想録ってほどじゃないけど、写真が残っていたものだけをすこしご紹介します。


f0176795_11552014.jpg

ずっとやりたかった藍染め。
蓼の葉を発酵させた藍の液に服を浸し、空気に触れさせ、
それを何度も繰り返して、深く美しい藍色に。
自然の素晴らしさに、ただただ感動。
藍染めしたあとの服は、それぞれが育てていくのだそう。
そのひとの性格が出るんだとか。

f0176795_13290216.gif


f0176795_1156261.jpg

これは由比ヶ浜海岸。
北鎌倉に用があって、夕方すこし早く着いたから、足を延ばして行ってみました。
人気がなくて、遠くにサーファーが浮かんでいて。
波の音がいい、心が浄化される。

f0176795_13290216.gif


f0176795_11554518.jpg

画家の友人が企画している展示。
仏の顔が数百枚も。なんと間もなく千枚だとか。
それぞれ描き手が違うから、ひとつとして同じものはない。

f0176795_13290216.gif



f0176795_1155574.jpg

休日の午後、山手線の車両に私ひとり。
こんなことってあるんだなぁ。

f0176795_13290216.gif

f0176795_11555148.jpg

8月、夕暮れ時の空。
昨年も同じころにこの空を見た。
これは天割れという気象現象で、後光とも呼ばれているらしい。
まるで光のイリュージョンのよう。



f0176795_13290216.gif
f0176795_11552698.jpg

これも少し前の夕暮れ時。
あれあれ?上の雲がファルコンのように見えますけど。

f0176795_13290216.gif



f0176795_11553764.jpg

突然思い立って「古代ギリシャ展」へ。
イラスト的なフレスコ画も好きだけれど、
アレクサンドロスやアリストテレスにも惹かれる。
ギリシャはいつか行きたい。

f0176795_13290216.gif



f0176795_16280148.jpg
アイルランドの神話、アザラシの妖精セルキーを材にしたアニメーション。
絵本を思わせるシンプルで愛らしい絵がたまらない。
子供のころには確かにあったはずの、
忘れていた大切なものを思い出させてくれた。
静かに泣ける。魂に響いた。






[PR]
by karin_koya | 2016-09-15 20:14 | その他