かりん島のハンモック 絵と旅が好きなアラフォー。ファッションも暮らしもミニマルが理想。日々感じたことを綴っています。

近くて遠かった場所。

東京は相変わらずぱっとしない空模様です。

先週は暑さが一転、まるで初秋のような肌寒い日が続いて、
夏の終わりの物悲しさというか、ちょっぴり切ない気分に。
気温によって感情も変化するものなんだなぁ。


週末は飛行機でぴゅーんとひとっ飛び、関西へ。
今さらですが、宝塚にある「手塚治虫記念館」へ行ってきました。

レアな漫画までずらりと揃っているのですから、
チビッコたち(昔は子供だった大人たちも)は夢中で読んでいましたよ。

年表を見ていると、ブラックジャックやブッダ、三つ目が通るなど、
量もですが、質のよい作品を同時期に発表されていたことに驚きます。

実家から近いというのに、行くまでに何十年もかかってしまいました。
この年になって、手塚さんの伝えたかったことがよーく分かります。

終始一貫して僕が
自分の漫画の中で描こうとしてきたのは
次の大きな主張です。
「命を大事にしよう!」


生と死は永遠のテーマですが、最近命について考えさせられる報道が多く、
とくに今年は課題のような気がしてなりません。

なぜ命を大切にしなくてはいけないのか、
子供だけでなく大人も、手塚さんの漫画から「命について」学ばされることが多いですね。



f0176795_18151747.jpg






[PR]
by karin_koya | 2016-07-26 20:54 |